ゼニカルは食事で摂取した脂肪分の吸収を抑制し、体外へ排出する薬です。しかし、薬である以上副作用が発生してしまうこともあります。ゼニカルの副作用の詳しい解説や、ゼニカルで痩せられる仕組み、その他ダイエットの方法について紹介します。

多様な薬
  • ホーム
  • 肥満外来に行く人ってどんな人

肥満外来に行く人ってどんな人

肥満外来の治療対象者はメタボやBMI値が高いので正しいダイエットをすることが必要な人です。
まず最初にメディカルチェックを受けてどんな治療が向いているのかを判断し、一人一人の体質や肥満の度合いによってプログラムを決めて治療がスタートします。
肥満外来を受診すると健康な体になれる確率がアップして、プロのアドバイスが受けられるので自分で勝手に自己流のダイエットをするよりもはるかに有効です。
適切な肥満治療薬を使って行われる治療なら成功率も高く、短期間でしっかり痩せることも可能になります。

メディカルチェックの結果によって、治療対象者には食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤が処方されたり、漢方薬を使って長期的な体質改善を目指したり、食事療法による自然なダイエットなどが推奨されます。
どの方法でも肥満外来のドクターが患者の体質に合わせて考えてくれるので無理なく正しいダイエットができて、健康な体を取り戻すために役立ちます。
メディカルチェックでは健康診断のような感じで全身の健康状態を測定し、体脂肪の度合いや体のバランス、血圧や心拍数検査、血液検査などいろいろなチェックが行われます。
測定したデータをもとにして正しいダイエットのためのプログラムを決めて、開始後も定期的に肥満外来に通って経過を観察したり、薬の量を調節したり、場合によっては薬の種類を変えて肥満の克服を目指します。

使われる薬は服用するだけで即効性のあるものも多いので、自己流ではどうしても痩せられなかった人やつい食べ過ぎてしまう人でもダイエットの成功率が高く、定期的にドクターの診察を受けることで精神的にもやる気が出て頑張ろうという気持ちになれるメリットがあります。
中にはグループでダイエットに取り組むスタイルのクリニックもあるので、同じ目的を持った人と一緒に頑張ることで成功につながります。
肥満外来を受診するとさまざまなメリットがあり、自分の体を知るためにも有効で体質に合わせた正しいダイエット方法を教えてもらえます。

肥満外来で受けれる治療内容とは

肥満外来で提供される主な治療内容には、最初のメディカルチェックやカウンセリング、問診や健康診断のほかトレーニングや食事療法、薬の処方などさまざまな項目があります。
処方してもらえる薬にもいくつかの種類があり、大きく分類すると食欲抑制剤、脂肪吸収抑制剤、漢方薬が使われています。
食欲抑制剤は服用すると有効成分が脳の満腹中枢に働きかけて空腹を感じないようになるタイプの薬です。

食べ過ぎを予防したり、間食が多くて常に食べ続けている人に使われて、代表的なものは「サノレックス」や「リデュース」などです。
脂肪吸収抑制剤は普通の食事をしても食べ物に含まれる脂肪が体内で吸収されなくなる薬で、食事療法と併用して使われることもあります。
食べながら痩せられるのでストレスがたまらず、接待や外食を避けられないけれど肥満治療をしたいという人にも使われます。
「ゼニカル」「オルリファスト」「アリー」「オベリット」などが有名で、クリニックで頻繁に処方されています。

代謝をアップさせたり痩せやすい体質になるための漢方薬も肥満外来で使われていて、西洋医学のような即効性はありませんが飲み続けることで体質を改善して自然に肥満を克服することができます。
体に優しいのがメリットで、急におなかが痛くなったり便が漏れてしまうようなトラブルもないので誰にでも使いやすいのが特徴です。
どのクリニックでも推奨される治療内容には食事療法が含まれていて、ドクターの判断でダイエットのためのメニューを渡されたり食べてもよい食材と避けるべき食材を決めたりします。
健康な体になるための大切なプログラムなので、薬を使った治療と並行して続けていけば健康な体を取り戻せます。